ネットワークの補助的要素

ネットワークを運用し続け、障害を診断し、問題に対処するには、様々な補助的装備が必要となる。
■電力供給
個々のネットワーク機器には電圧や電流の急変への対策(サージプロテクタ)を設置することがある。 例えば、雷サージは機器にダメージを与えるたFX 比較め、サージプロテクタで短絡させるなどの対策を施して安全なレベルになるようにする。 さらに、停電に対処するため、無停電電源装置を設置する場合もある。無停電電源装置には、小型のバッテリーから自家発電設備まで様々なものがある。 2台のコンピュータを相互接続しスキンケアた単純なネットワークでも、通信が失敗する要素はいくつか存在する。 主な単一故障点は、ネットワークカードと化粧水 口コミケーブルである。大規模なネットワークでも、注意深く設計しないとネットワークが機能しなくなるような単一故障点が多数潜在することになる。 機能し続けることが重要なネットワークでは、単一故障点がないよう設計することが重要である。
■機器の監視と診断
ネットワークは、その重要性や運用者のスキルによっては、各種性能測定/診断機器を一時的または永久的に接続する。 例えば、企業やISP向けのルーターやブリッジは通信履歴やエラー履歴を保持する機能を持つことが多い。 診断機器の最も単純な形態とヒアルロン酸しては、ネットワーク機器の予備を用意しておくだけである。 故障したと思われる機器を予備と置換して障害が解消した場合、その機器に問題があると診断できる。これを洗練させると、予備の機器で故障した機器を自動的に置換する方式になる。