規模による分類

コンピュータネットワークは、その規模によって分類される。LAN、WAN、MANなどがある。 イーサネットがネットワークへの標準インタフェースとなってきたことから、このような分類はエンドユーザーにはあまり重要ではなくなり、ネットワーク管理者にとってのみ重要となりつつある。
■LAN
個人の家、オフィス、ビルなど、狭い範囲をカバーするネットワークである。 現在では、ほとんどのLANはイーサネット技術にレーシック 大阪基づいている。右図は典型的な図書館のコンピュータネットワークである。
■MAN
LANやCAN同士を相互接続したネットワーク。1つレーシックの都市全域より広い範囲をカバーすることはない。MANの構築には各種ルーター、スイッチ、ハブが使われる。
■WAN
広い範囲をカバーするネットワークでダイエット食品 ランキングあり、通信業者の提供するインフラを使うことが多い。WANの技術の大半は、OSI参照モデルの下位3層で機能する。
■インターネットワーク
インターネットワークとは、OSI参照モデルのfx 初心者第3層で動作する機器でネットワークを相互接続すること、あるいはそのように相互接続されたネットワークを指す。
■イントラネット
イントラネットは、単一の管理主体によって管理されているインターネットワークである。一般に外部に対して閉じており、特定のユーザーしかアクセスできない。企業内のネットワークがこれに当たる。
■インターネット
地球上の多数の政府、学界、公共、私用のネットワークを相互接続したインターネットワーク。 アメリカ国防総省のARPAが開発したARPANETが母体となっている。 他のインターネットワークと区別するため、欧米では 'I' を大文字にして "Internet" と記される。